「そばかす」とシミは違うもの!?「そばかす」にはそばかす用のケアが必要?
スクリーンショット (1002).png

お化粧をするときに鏡をのぞくと、目尻や頬のシミやそばかすが気になりませんこと?

そばかすやシミって、見れば見るほど濃くなっているような気がしませんか?

でもそれって、本当に濃くなっているかもしれませんのよ。

年齢を重ねるとターンオーバーの時期が遅くなり、メラニンが肌にたまりやすくなるんですの。

でも実は、「そばかす」と「シミ」を同じようにケアしている方って多いんですの。

そこで今回は、「ソバカス」と「シミ」は同じケアでいいのか、それとも分けるべきなのか、ご紹介しますわね♪

「シミ」と「そばかす」の違いって何?


スクリーンショット (1003)_LI.jpg

実は、一般的な「シミ」と「そばかす」の一番の違いは、「遺伝性かどうか」なんですの。

「シミ」は、紫外線を浴びすぎたり、加齢やストレスなどによってお肌のターンオーバーが乱れ、メラニンが肌にたまってしまうことでできるんですの。

そして「そばかす」も、あくまでシミの一種と考えることができますが、遺伝的な要素が強いんですの。

ですからシミとは違って日頃からスキンケアや生活を改善するだけでは、症状の発生を防ぐことは難しいといわれておりますの。

ですから「シミ」は一般的にビタミンCやセラミドを主成分とした化粧品でも改善が期待できます。

ところが「そばかす」は、シミ用のアイテムでは、きちんとケアするのは難しいんですの。

「そばかす」の原因とできやすい体質って?


スクリーンショット (1001).png

「そばかす」の原因と症状とは?


「そばかす」とは、医学的に言いますと「雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼ばれていて、肌にできた茶色の1~4mmの斑点のことを言うんですの。

多くの場合は鼻と左右のほほを中心に現れるんですが、体質や肌質によっては、顔以外にも現れることもありますわね。

例えば方や首、二の腕やデコルテなど紫外線を浴びやすい場所にできるという特徴があるんですの。

ソバカス体質の方は、幼少期からそばかすが現れ、、思春期にかけて徐々に濃くなっていくんですのよ。

それ以降は加齢に伴い薄くなっていく方もいますけれど、濃くなっていくこともあるんですの。

フレキュレル 高校生(970).png

そばかすの主な原因は遺伝といわれていますけれど、紫外線を浴び続けるとさらに濃くなってしまうこともありますの。

他にも、ストレスや疲れ、睡眠不足や妊娠などで女性ホルモンに乱れが生じると、濃くなってしまうことがあるようですわね。

そばかすは遺伝的な要素が強いため、親がソバカス体質の場合は子供にそばかすが現れることがあるようですわね。

それに白人にそばかす体質は多いため、日本人でも色白で色素の薄い方に現れやすいようですわね。

「そばかす」のケア方法にはどんなものがある?



スクリーンショット (1004).png

ではそんな遺伝的で根強い感覚のあるソバカスには、どのような治療法があるのでしょう?



フォトフェイシャル(IPL光治療)



フォトフェイシャルとは、IPLという光を当て肌の中にあるコラーゲンの活性化を促すことによってシミやそばかすの原因であるメラニンを排出させる治療法ですの♪

その効果はそばかす治療だけではなく、毛穴引き締め、肌の弾力アップ、小じわの改善、ニキビ跡の改善などいいことだらけなんですのよ♪


フォトフェイシャルのデメリットとしましては、

・効果が出るまでに5回くらいの施術が必要
・一回のお値段が1~5万円くらいする
・半年くらいでその効果は薄れる

ということですわね。

レーザー治療


レーザー治療はポピュラーなそばかすの治療法で、即効性が高く、一度の施術でソバカスがほとんど消えてしまう方もいらっしゃるんですのよ♪

でもレーザー治療は効果が高い一方で、肌の奥まで影響が及ぶためダウンタイムがあり、軽いシミの症状に施術を行うと、逆に肌を傷つけてしまうリスクもあるんですのよ。

そしてレーザー治療は高額で、1度の施術で10万円~15万円くらいかかります。

外用薬の処方


皮膚科でそばかすのケアをしますと、美白クリームを処方されることがありますわ。

皮膚科で処方される美白クリームには「ハイドロキノン」が含まれていることが多いんですの。

ハイドロキノンは強い美白効果があるので、シミ消しにも使われたりするんですけれど、副作用の報告が多い成分ですの。

副作用と言いますのは、肌が漂白されてしまうんですのね。
スクリーンショット (491).png

しかもハイドロキノンには「発がん性がある」との指摘もあるんですの。

ですからもしこの方法をとる場合は、成分にしっかり注意してくださいましね。

どの方法も一定の効果がありますが、副作用の心配もあるようですわね。

そばかすケアに効果があって、副作用の少ない成分としましては、「トラネキサム酸」が挙げられますわね♪

「トラネキサム酸」とはアミノ酸の人工合成物で、肝斑(かんぱん)の改善薬としての効果が認められている成分なんですの♪

もともとは抗炎症薬や止血剤として医療の現場で使われてきた薬なんですのよ。

トラネキサム酸は、メラニンをつくり出すメラノサイトにはたらきかけ、色素沈着抑制効果を発揮してソバカスを改善してくれるんですの♪

そして市販のそばかすケアクリームとして評判の高いのが「フレキュレル」ですわよ♪

「フレキュレル」はどんなクリーム?


フレキュレル 高校生 (969).png

「フレキュレル」はその「トラネキサム酸」を主成分とした「医薬部外品」で、モンドセレクションでも金賞を受賞しているとっても実感力の高いクリームなんですの♪

しかもフレキュレルには美白成分の王様「ビタミンC」のなんと270倍もの美白力があると言われている「油溶性甘草エキス」をナノ化した成分を配合

頑固なソバカスをしっかりケアしてくれる上に、ほとんど副作用の心配もないんですのよ♪

そばかすは濃くなると、ファンデーションでもなかなか隠れなくなってしまいますわよね?

年齢を重ねた「そばかす」は手を打たないとどんどん濃くなっていくばかりなんですのよ。

そうなる前に、しっかりそばかすをケアして美肌を手に入れてくださいね♪

↓↓フレキュレル公式サイトはこちらの画像をクリック♪
種類3