FPSが高ければいいわけじゃない!日焼け止めはこうやって選ぶ♪
ad17f3851dea025e701291639c0aee89_s.jpg

夏に近づいてきて、海に行ったりBBQをしたりと、何かと外で進ことが多い時期になりましたわね♪

「今年はどこの海に行こうかしら♪」と、しぃたんも今からウキウキしておりますわ♪

そして夏に外で過ごすとなると、絶対に欠かせないのが「日焼け止めを塗ること」ですわよね♪

「お肌の老化の約80%は紫外線が原因」といわれるほど、紫外線は女性のお肌の大敵なんですの。

ですからしっかりと紫外線ケアをする必要がありますわね♪

でも日焼け止めといえば「SPF50+、PA++++」を選んでおけば最強、とあなたは思っておりませんこと?

実はその選び方、逆に肌を傷めて島ているかもしれませんわよ!

そこで今回は、

・SPF、PAとは何なのか?

・あなたに合った日焼けお目の選び方

をご紹介しますわね♪

今さら聞けない!「SPF」と「PA」って何?


SPF.png

ひと口に紫外線と言いましても、実は3種類あることをご存知ですこと?

紫外線は、「UV-A(紫外線A波)」「UV-B(紫外線B波)」「UV-C(紫外線C波)」の3つに分けられるんですの。

それぞれは波長の長さが異なり、肌に与える影響や肌への透過度に違いがあるんですのよ。

一般的に、波長が短くなるほど肌表面への影響が大きく、波長が長くなるほど肌への奥への影響が高いと考えられていますのよ。

ちなみにこの3種類の紫外線の内、「UV-C(紫外線C波)」はオゾン層で遮断され、地表にはほとんど届きませんの。

ですから気にするべき紫外線は「UV-A(紫外線A波)」「UV-B(紫外線B波)」の2種類ということになりますわね。

そしてこの2種類の紫外線をそれぞれ防ぐ力を「SPF」と「PA」という風に分けているんですのよ♪

627315.png

波長の長いUV-Aは「生活紫外線」とも呼ばれ、紫外線の約9割を占めていて、真皮の中層まで届き、メラノサイトを活発にして「サンタン(皮膚の黒化)」を引き起こすんですの。

そしてUV-Bは「レジャー紫外線」とも呼ばれ、主に表皮にダメージを与え、いわゆる日焼け(皮膚が赤く炎症を起こす)である「サンバーン」を引き起こすんですの。

そして、、、

「SPF」とは、「UV-B」の防止効果を表す数値で、

「PA」とは、「UV-A」の防止効果を表す数値なんですのよ♪

「SPF」の数値を解説♪


例えば「SPF50」って書いていると、なんとなく「紫外線を跳ね返す力が強そう」と思ってしまいますわよね?

でもこのSPFの後につく数字って、「UV-B」にあたって赤くなる日焼け(サンバーン)を起こすまでの時間を何倍に伸ばせるかっていう数字なんですの。

日本人の場合、夏の晴れた海辺でサンバーンを起こす平均時間が25分といわれているんですの。

そして「SPF30」という表記の日焼け止めを塗った場合、

25分×(SPF)30=750(分)=12.5時間

となり、「SPF30」の日焼け止めを塗った場合、サンバーンを起こすまでの時間を12.5時間防ぐ、という目安になるんですの。

「PA」の数値を解説♪


「PA」は「UV-A」の防止効果を表す数値で、UV-A照射後、2~24時間に生じる皮膚の即時黒化を指標にしたものなんですのよ♪

分類表示効果の度合い
PA+効果がある
PA++かなり効果がある
PA+++非常に効果がある
PA++++極めて高い効果

効果の高いUVクリームは肌への負担も大きい!

4190992daab245eba7def11d800b6ff3_s.jpg

日焼け止めの成分には大きく分けて「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」の2種類があるんですの。

まず亜hそれらの特徴をご紹介しますわね。

紫外線吸収剤のメリット・デメリット


「紫外線吸収剤」は、皮膚の表面で紫外線を吸収し、化学的に熱なのど他のエネルギーに変えて放出する成分なんですの。

そうやって紫外線が肌の内部に侵入するのを防ぐんですのね。

紫外線吸収剤のメリット

紫外線吸収剤のメリットは、紫外線を防ぐ力が強いということなんですの。

それに無色透明な成分なので白浮きすることがなく、塗り心地も良いんですのよ♪

紫外線吸収剤のデメリット

紫外線吸収剤は、防御力が高い分、肌への負担が大きいです。有機化合物であるため、人によっては刺激を感じることがあります。

紫外線防御力の高い、高SPF値の製品には必ず必要となる成分なんですのよ。

紫外線散乱剤のメリット・デメリット


紫外線散乱剤のメリット

紫外線散乱剤のメリットは、肌への負担が少ないことなんですのよ。

「ノンケミカル」と表記されることも多いんですの。

それに紫外線吸収剤のように化学変化を起こさないので、構造が壊れにくく効果は長持ちする特徴があるんですの。

紫外線散乱剤のデメリット

紫外線散乱剤のデメリットは、白浮きしやすかったりベタベタしたりすることですわね。

肌には負担が少ないものの、使用感の悪さから敬遠されがちではありますわね。

これに合わせて、SPF値やPA値が高いUVクリームには、汗をかいても落ちにくいような素材で作れれている場合もあり、クレンジングでしか落とせないものもあるんですの。

つまりSPF値やPA値が高いUVクリームは基本的に「お肌への負担がとても大きいもの」と考えて選ぶ必要がありますわね!

お肌に合わせた日焼け止めの選び方♪


スクリーンショット (1335).png

つまり、どんな時でもSPF値やPA値の高い日焼け止めクリームを選べばいいというものでは無いんですのね♪

それにどれだけSPF値やPA値が高くても、汗などで落ちることを考えますと、1~2時間くらいでこまめに塗りなおづ必要があるんですのよ。

ですからむやみに数値が高い日焼け止めを選ぶより、「SPF値やPA値が低いものをこまめに塗りなおす」方がお肌への負担は少ないうえに、効果も高い、ということが言えますわね♪

ですから例えば、次のように選んでみてはいかがでしょうか?

■晴天の日に長時間、屋外でスポーツやレジャーなどを楽しむ場合
≫≫PA +++ ~++++/SPF 50

■スポーツや通勤、散歩などにより屋外で1~2時間過ごす場合
≫≫PA ++~+++/SPF 20~30

■ごみ捨てやちょっとした買い物、洗濯物を干す場合など
≫≫PA ++/SPF 20


そして敏感肌の方や紫外線吸収剤で肌荒れなどを起こしたことがあるなら、紫外線散乱剤のUVクリームを選ぶといいかもしれませんわね♪

あなたのこの夏の日焼け止めUVクリーム選びに役立てば幸いですわ♪


タグ